シンプルでもパワフルな鍋

鍋

少ない食材でも奥深い味

幾多の「鍋」がある中で、博多っ子のソウルフードとも言える「もつ鍋」の特筆すべき特徴はそのシンプルさかもしれません。見える食材は、キャベツ、ニラ、ニンニクそしてモツ、と実のところかなりシンプルです。しかしながら鍋からこぼれ落ちんばかりに溢れるキャベツの上に置かれた蓋が徐々に下がっていき、そしてよく煮えたもつ鍋となった時に、そのシンプルさからは想像だにしないえも言われぬ至福の食体験をもたらしてくれるのです。もつ鍋と言えば、やはり多くの方が福岡・博多が本場であると認識されていることでしょう。博多のグルメと言えばラーメンと並んでこのもつ鍋が挙げられることが多いようです。そんな博多の郷土料理として知られてきたもつ鍋も、近年東京近郊のみならず日本各地でも食べられるようになってきています。福岡でなくても近くのスーパーで生のシマチョウなどが手に入るようになってくるなどして、家庭で作られることも増えてきているかもしれません。シンプルながらもパワフルなもつ鍋の魅力が一般化してきていると言えるでしょう。それでもやはり本場博多のもつ鍋がいかがなるものか気になるものです。博多では様々なオリジナリティに富んだもつ鍋が提供されているので、お好みのスタイルを見つける楽しみがあります。スープのベースだけでも、醤油、白味噌、赤味噌、塩などバラエティ豊かです。鍋のシメとしても、王道のちゃんぽん麺やうどん玉、雑炊などを選べる場合があり、それぞれの良さを堪能できます。シンプルでもパワフルな博多のもつ鍋。食の喜びに幅と奥行きを加えてくれること請け合いです。